« 北欧シンプルキッチン♪ | トップページ | ARABIA kartano カルタノ ティーカップ&ソーサー »

2014年12月19日 (金)

別れはある日突然に。

しばらくぶりの更新になってしまった・・・sweat01

 

2週間前に、父親が急逝しました。

72歳でした。

アメリカから帰国して、2回会えました。

「お正月はどうするんだ?」

「来年○○の受験が終わったら、お年玉もらいに来るからね~」

というのが最後に交わした言葉でした。

 

定年後に母に誘われて始めた卓球にはまり

最近では母より熱心に練習してたとか。

その試合中に倒れて、そのまま逝ってしまった。

直前の試合では、たまたまくじ引きで母親とダブルスを組み

とてもいい試合をして勝ったのよ・・・とお仲間が言っていた。

 

弔辞を読んでくれたゴルフ仲間の言葉。

 

曲がったことが大嫌いで

喧嘩っ早くて

口が悪くて頑固で・・・

でも誰よりも優しくて

面倒見が良かった。

彼は何でも全力投球で

一生懸命でした・・・

先に逝っちゃってずるいよ・・・

 

会社も辞めてだいぶ経つので、通夜に来るのは

数人だろうと思っていたのに、

たくさんの人がお別れに来てくれて、涙が止まりませんでした。

 

卓球仲間に、畑仲間に、ゴルフ仲間。

遠くから駆けつけてくれた、昔の会社仲間&悪友。

自治会の役員もやっていた。

 

 

色々やりすぎて、どれも手を抜けない性格で・・・

周りのみんなに働きすぎだと、さんざん注意されていたらしいけど

こればっかりは性分だから仕方がない。

 

逝く時はころっと逝きたいな~。

苦しむのは嫌だ。

病院が嫌いで、いつもそんな事を言っていた。

やりたい事やって、お仲間に見守られて逝ったのだから

幸せな最期だったと思いたい。

 

アメリカに発つ直前に寄った実家。

勝気な父が、帰り際に玄関口で涙ぐんでいて

私の娘に「泣いてるの~?」とからかわれて

「泣いてないよ!!」とムキになって怒ってた顔。

 

 

3年~5年と言われていたアメリカ駐在。

2年で帰ることになり、一番喜んでいたのは父でした。

 

私は急な日本帰国が決まって、正直がっかりしてたけれど・・・

 

 

亡くなる前に会えてよかった。

日本にいて、すぐに駆けつけられてよかった。

体が冷たくなる前に、触ってあげられてよかった。

 

 

急な帰国辞令も、今思えば

そろそろ逝っちゃうから、帰ってこいよって事だったんだ。

今は、そう思っています。

 

 

今日は姉の誕生日。

朝届いた姉からのメール。

件名は・・・死者からのプレゼント。

添付された写真には箱に入ったワイン2本。

思い出した・・・

毎年姉と私の誕生日には、大好きなワインを贈ってくれてた事。

 

どんだけ前から手配してたんだか・・・

さすがに堪えきれず、朝から号泣ですcrying

 

にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ

 

« 北欧シンプルキッチン♪ | トップページ | ARABIA kartano カルタノ ティーカップ&ソーサー »

最近の写真