カフェ

gallery&cafe やいち

北本の『やいち』さんへ行ってきました。

お目当ては作家さんのポットだったけれど、まずは美味しいランチ&スイーツを・・・

やいち

トマトのタコライス
やいち

森のガレット
やいち

茶釜コーヒー

やいち

あんこロール

どれも美味しかったけれど・・・なかでもガレットが美味でした。

塩バターキャラメルのガレットも食べたかったけど、さすがにお腹いっぱいcoldsweats02

ギャラリーにはワランワヤンのかごやカトラリー、有名作家さんの器が常設されていてカフェとつながっています。

欲しかった岡田直人さんのポット後藤義国さんのポット ・・・どちらにするか悩みに悩み、結局岡田さんの丸ポットに決定!

もうすぐ誕生日という事にかこつけて夫に買ってもらいましたsmile

見てるだけで惚れ惚れlovely・・・幸せな気分です♪

|

北浦和さんぽ

北浦和のカフェ 2軒はしごしてきました。

実は前の住まいが北浦和で、北浦和公園に子供連れてよく行ったね~とか、今と比べると都会だったね~とかdelicious言いながら、夫とふたり懐かしい散歩となりました

まずは駅西口から歩いてcafe nofu さん。

一階には古物や作家さんの器などが少し並んでいます。

一階レジで注文して2階の席でいただきます。隠れ家的な雰囲気の空間。

小皿がたくさん並んだ、野菜もりだくさんの和食プレートとても美味しかった。

お蕎麦をオリーブオイルであえた一品など、シンプルな素材だけれど味付けが抜群にいいlovelyもう一度食べたい!と思うお料理でした。

今度は東口から歩いて10分ぐらいの『ひだまり商店』へ食後のデザートを食べに・・・

ケーキの甘さがちょうどよく、スポンジも美味しかった。

お持ち帰りのスコーンも何種類かあって、人気みたいです。

店内は贅沢に広くテーブル間もあって、店内使用の食器や雑貨も置いてありました。

近くに小学校があって学校帰りの小学生が(この日は雨だったので)お店の前を傘をさして下校する姿を眺めながら、『ひだまり商店』という名前がなんだかぴったりな、のんびりしたよいお店でした。

今度はぜひ晴れの日に行きたいな~sun

|

スターネット

念願の益子のスターネットへ・・・

想像以上に素敵な所でしたshine

11時オープンなのに早く着きすぎて、店の前の池周辺をお散歩。

カフェと陶器が置かれた空間と、洋服が置かれた空間に分かれていて、見ごたえあり。

2階では竹田道生さんの器が展示されていました。

カフェで出されるコーヒー豆など扱った食品コーナーもあり。

美味しかったので、甘味とコクが◎のオーガニックブレンドを購入。

コーヒーカップばかりが増えるので禁止令出してたんだけれど、シンプルでとても好みのものがあり、一時解除smile

カフェで使われていた木のスプーン。

このカーブが持ちやすくて一目ぼれし購入。

ひょうたんマークのかわいらしいお箸。

先がとても細くお上品な感じで魚が食べれそうな・・・delicious

スターネットを満喫してから他の店も何軒か回り、一般の卸のものでなく、陶芸家のものを扱っている店を探していたら、何やら撮影隊が・・・

陶庫という店で、沢口靖子(顔がめっちゃ小さかった)と筧利夫(字あってるかな)が何のドラマか知りませんが、撮影してましたwobbly

4月28日~5月6日まで春の陶器市が開催されるので、是非もう一度行きたいな~。テント村なんかあって屋台も出て、かなり楽しいみたいですlovely

GW中の平日が少し空くのでおすすめとか。

|

cafe ku 空

地元の有機野菜や玄米を、贅沢に使ったランチプレート。

cafe ku 空

はらぺこで、何か体によい、美味しいものが食べたいな~という時に、ふらっと一人で出かけるのにちょうど良かったカフェ。

穏やかな笑顔の裏に、まるで修行僧のようにストイックなオーラを感じたオーナーご夫妻。

お気に入りだったのに、明日で閉店することに・・・ショックweep

移転するわけではなく、閉店との事。

また、いつか、どこかで

食べた時に背筋がピンと伸びるような、食事に出会えることを楽しみにしています。

|

鎌倉~由比ガ浜~

鎌倉〜由比ヶ浜〜

CLOUD BLDG. クラウドビルディング

由比ガ浜大通沿いにあるお店で、1月まで小町通りにあったALKU’MI(アルクウミと読みます)もこちらにお引越ししました。

4人のオーナーさん(moln モルン ALKU’MI アルクウミ 木木 きぎ cloud-kitchenクラウドキッチン)が営む、とっても素敵な空間で、雑貨店の奥にカフェがあります。
鎌倉〜由比ヶ浜〜

コーヒーにうるさい夫も美味しいと絶賛のブレンド。

このカップもプレートも作家さんのもので、素敵でした。
鎌倉〜由比ヶ浜〜
鎌倉〜由比ヶ浜〜

そしてこのスコーンが最高に美味happy02コーヒーとの相性抜群でしたgood

で、カフェでも使用していたアルミトレーと、アルミの入れ子になる小物入れをゲットlovely

入れ子はこの可愛さでなんと3個で1260円です。

アルミものに目がないんです~lovelyこのマットな感じがたまりません。完全にアルミフェチですsmile

そして・・・

海水浴帰りで買い物につき合わされ、カフェで爆睡する息子wobbly

もっと行きたい店はたくさんあるんだけどsweat01子供達がもたない(娘は甘い物好きだし、買い物に付き合ってくれるけど、息子は絶対無理bearing)毎年2~3店舗しか回れないgawk

子供達が巣立ったら、真面目に引越ししたいぐらい夫婦で鎌倉好きなんです。

夫は宿の朝食前に、サーファー達を横目に海岸沿いをランニングしてかなり気持ちよかったらしい・・・お爺さんになっても走るつもりかなdelicious

メイン通りから路地を入ると、隠れ家的な雰囲気の店が多くて、地元民になってお気に入りの店まで、自転車でブラブラお散歩がてら行けたらな~なんて夢見ていますcatface

|

la mano~ラ マーノ~

普通の住宅街を入っていくと、突然現れた青空に映える白い大きな建物。

お店のメインのホールは、贅沢に空間を使ったテーブルレイアウト。天井も高くて気持ちいいです。

イベリコ豚さん。

岩塩丸ごと出てきましたwobblyお好みでかけて下さいと言われましたが、もともとの塩加減が強かったのでcoldsweats01出番なし

野菜とゆで卵が入ったボリューム満点のラザニア

春キャベツとホタテのパスタ

ワッフルはこの店の定番らしく、ランチのデザートだと4分の1サイズ。単品だとハーフと丸々一枚・・・は食べられそうにないcoldsweats01生地がサクっとしていて美味しかったです。

『見た目は地味なんですけど、栗を茹でて手でこして・・・・とても手間がかかるんですsweat01』とスタッフの方がおすすめしてくれた、カスタナッチョというイタリア北地方のケーキ。

栗の甘みが優しくほっとする感じで、私の好きなタイプの味だったので、食後に美味しかったですlovelyとスタッフの方に伝えたら、嬉しそうに「店長も喜びます・・・伝えておきますhappy01」とのこと。

あ~この人は、ほんとにこのお店と料理が好きなんだな~と熱意が感じられる気持ちのよい接客でしたwink

|

再びファミーユ

先週カフェ・ラ・ファミーユへ行ってきました。

納屋では2日間だけのお花屋さんもきていて、ラッキーでしたbud

再びファミーユ

再びファミーユ

再びファミーユ

異国情緒溢れる店内。こんな感じでちょっと薄暗いのがまたよいのですcatface

再びファミーユ

こちらは一日限定10食のランチプレート。あっという間にオーダーでなくなり、友人がギリギリ最後の一枚でしたね~。

私はガレットを頂きました。

店内が暗くてあまり綺麗に写っていませんがsweat01実物はもっと美味しそうなのですcoldsweats01

ガレットもボリュームたっぷりで美味しかったですrestaurant

|

カフェ・ラ・ファミーユ

カフェ・ラ・ファミーユ

茨城県結城市とは思えない佇まいのカフェ。

レストランの隣には奥様が営む雑貨店(ジェネラルストア)があり、私の大好きな『宝探し的な狭い空間』に素敵な雑貨が盛りだくさんlovelyそしてその隣にはお姉さんが営む美容院まであります。

料理に使われる野菜はすぐ側の畑でご両親が育てたものを使うという・・・まさにファミーユな場所なのです。

本当に周りには何もない(失礼ながらsweat01)所だけれど、近所に引っ越したいsweat01・・・と本気で思いました。

アンティークリネンを使った手作りのお洋服なんてのもあり、お高いものが多いけれど・・・カフェのスタッフが揃いで着ているハチマークでおなじみの、オーチバルのボーダーもありました。

とにかく庭も店内も、どこを見てもオーナーの抜群のセンスで完成された空間で、テンションは終始上がりまくりでしたhappy02

カフェ・ラ・ファミーユ

電話で予約を入れてから向かったのですがcarテラス席を希望したところ『わんちゃん連れですか?』と聞かれ噴出しそうに・・・smile

確かにワンちゃんより落ち着きのない息子ですがcoldsweats01退屈したら庭でトンボとりをしたり、スイーツをエサにdogなんとか最後まで付きあってくれました。

下の写真は前菜。スイーツの写真をあやまって消してしまった~ショックshock

もちろん季節のお野菜を使った食事も、美味しいものばかりでしたnote

|