« 南木曽山麓 あららぎキャンプ場   その1 | トップページ | 南木曽山麓 あららぎキャンプ場   その3  »

南木曽山麓 あららぎキャンプ場   その2

キャンプ場からほんの少し下った場所に川の遊び場があって

とにかく水がきれいで・・・ずごーく冷たいんだけどうちの子供たちは平気で遊んでましたsmile

大人は足つけるのがやっと。

川にいたカエル君。写真で見るとわかりづらいんだけど、かなりの大きさです。

ビニールボートも何気にカエル柄。

今スイミングで平泳ぎに苦戦中の息子に、参考によく見なさい(母)とかなりの無茶振りsmile

少年がんばれよ・・・(と背中が語っているようだ)と見事な平泳ぎで(←当たり前)去って行きました。

ちょうど日陰で風が気持ちのいい場所もあり、子供たちが遊ぶ姿を見つつウトウト・・・sleepy

ここもほぼ貸切状態で、最高でしたね~。

20110815_110

そして二日目のメインイベント。ニジマスのつかみ取り。

一匹200円(養殖1年もの)のニジマスを遊んでいた水場にはなし、つかみ取りをさせてくれます。

子供たちは大さわぎで追いかけまわし、やっとのことで(弱ったところでsmile)とったど~!

20110815_115_2

で、とったらやっぱり塩焼きでしょう!

ということで、管理棟のおじさんに割りばし二本をつかった内臓の取出し方を教わる。

口から割りばしを突っ込んで、内臓をとり出すと聞いて顔がひきつる夫bearing

まだしっかり生きてますからsweat01かなりエグイです。

子供の手前がんばるしかない。

20110815_116_3

息子もチャレンジしてみましたが、割りばしで内臓をつかんだ状態で、ぐるりと回す・・・

という作業がなかなか難しいsweat01

20110815_119_3

でもこれは大人でもなかなかできない体験です。

今年の自由研究はこれにきまり!

串を口から刺して、背骨おなか背骨おなかの順になみ縫いのように刺していくのがコツです(←夫隊がんばりました)ふるのは粗塩。一般料理用の細かいのではダメです。

こんがり炭火焼きのニジマス達。

目玉がホラーですがdeliciousこれがまためちゃくちゃ美味しかったlovely

一度こうやって串焼き状態で食べてみたかった。

さっきまで生きていた魚。

命をいただく大切さ。息子はちょっと複雑な気分だったみたい。

魚嫌いな娘は・・・ノータッチでしたcatface

|

« 南木曽山麓 あららぎキャンプ場   その1 | トップページ | 南木曽山麓 あららぎキャンプ場   その3  »

キャンプ」カテゴリの記事